“書”を通じて、
日本の美をつたえていきたい…

日本には、恵まれた美しさがあります。
長い歴史の中で、その自然の美しさを愛でる心が、文学や芸術としてのコミュニケーション文化をつくってきました。

しかしながら、いつの日か文明を着こんでいくうちに、それらの大事なものが忘れ去られてしまったような気がします。

先人たちが、大事にしてきたものを現代に引き上げ、新しい息吹とともに昇華させていくことが、伝統文化に関わる人間の役割だと考えます。

書”を通じて伝えていくこと…

それは、伝統と古典の中に内包される精神性とそこから導かれる造形美を、現代に活かしていくことに他なりません。

さらなる高みを目指して、新たな展開を創り、次の時代へと紡いでいきたいと考えております。

陽山